50代の定年や第二の人生など終活の悩みや、40代の転職や独立などこれからの人生や家族との問題、そして女性が起業する裏付けや課題などを行政書士が無料相談
  • 一人で悩まず「相談」から始めてみませんか?相談屋ドットコム
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

今の貴方はたった一人でこんな悩みを抱えていませんか?

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、
いろいろな問題に直面し、その解決方法に悩みます。
貴方は今迄どうやってその悩みを解決してきましたか?

多くの場合、自分ひとりの力で解決を図ろうとして、
貴重な時間と労力を費やす事が当たり前と考える様です。

その結果、私のところに相談に見える方の多くは、
悪戦苦闘の末に万策尽きた!
といった状態に陥っているのです。

「この程度の問題、自分の歳で他人に相談なんて…」
「卑しくも管理職の私が自分で解決出来ないはずがない!」
「今更、こんな相談なんて絶対バカにされる。」
「近親者に知られたくない相談だったから」
「相談出来るような相手が身近にいなくて」

「なんでもっと早いうちに相談しなかったんです?」
私の問いかけに対して、上記のような答えが多くありました。
第三者の私から見れば「そんな理由で!?」と
思わず突っ込みを入れたくなりますが、
人間というものは、相談するという行為自体に何か後ろめたさ?
のような感情を持っているのではないかと思いました。

 ここに衝撃的な調査データがあります。

この一年間にあった悩み。内閣府「地域における相談ニーズに関する調査」から引用

内閣府の「地域における相談ニーズ」によりますと
悩みの内容はいろいろありますが、男性の場合では50代までの全年代で
「仕事」の悩みがトップを占めていました。
女性の場合も20代から40代まで悩みの過半数を占めているのは
「仕事」でした。

 これが定年を迎える年代の男性になりますと
仕事に続いて「生き方」「家族」に関する悩みに直面するのです。

にもかかわらず、
なんと60%の方、即ち5人に3人は
一人で抱え込んだまま未だ解決に至っていない!
という調査結果があるのです!

 なぜでしょうか? 
相談しない、出来ない理由を追ってみると、共通するのは
近くに相談できる相手がいないということがあります。

・独居の為に身近に相談出来る家族・親族がいない、
・会社以外に地域や社会との繋がりを持っていない為、
 身近に相談出来るような知人や友人がいない。
・その為、相談先が分からない、見当たらない。

 また厄介なことに、身近に相談出来るような相手がいても

・他人には知られたくない
・(特に)近所や知人友人には知られたくない
・最初から解決をあきらめている
・こんな問題も一人で解決出来ないダメ人間と思われるのでは?
・どうも相談というと身構えてしまい敷居が高く感じてしまうから?
・過去に相談したものの、嫌な思いをしたことがあるから?

 問題解決に至らない理由として、この様な調査結果が出ていたのです。

まさに冒頭に書いた「なぜもっと早く?」という相談者に対する
私の疑問への答えが、内閣府の調査と一致していたのです。

会社経営に参画しているような社会的地位にある人物でも
人生経験豊富な、百戦錬磨のシニア世代でも
解決に苦労する問題や悩みは必ず出てくるものです。

身近なところに気軽に相談出来るような相手がいたら?
貴重な時間や労力をもっと前向きなことに活用したい!

 と願うのでしたら
まずはこのサイト相談やドットコムを御覧下さい。
きっと解決に結びつくきっかけが見つかると思います。

相談やドットコムの寺田淳です
  

相談やドットコム
行政書士 寺田 淳

⇒相談やドットコム 寺田淳のプロフィールはこちらをクリック!

⇒これまでの相談ブログはこちらをクリック!

相談やドットコムからのお知らせ

より具体的な相談に応えるために

これまでの相談事例を年代別、男女別に分類し、それぞれの抱える問題に関連するブログ記事に直接リンクするような画面構成にし、相談する事、それも早期に、専門家にすることの意味と大切さを訴求しました。

50歳からの人生、よろず相談ブログ「相談やドットコム」

新ブログを公開しました!

新ブログ「相談やドットコム」を公開しました!

相談やブログ

相続トラブルはこんな場合に起こるベスト8とは!?

親が亡くなり、相続が発生した際のトラブルには大きく分けて8つの事例があります。 財産に起因するものと、ヒトに起因するもの。 それぞれの事例を紹介すると共に未然に防ぐための事前の行動についても紹介しました。

50歳からの人生、よろず相談ブログ「相談やドットコム」

忘れられた相続財産とは? 

いざという時の為に、財産目録を用意しました。 でも内容が万全とは言えません。 当人も知らされていなかった財産、つい失念していた財産、意図的に隠そうとした財産など等、相続に漏れた財産は決して他人事ではありません。 どのようなケースでこうなったのか? 漏れを防ぐためにはどういう点に注意すれば? さらには漏れたままの財産の結末はどうなるかを簡単にまとめました。

50代から20代へのアドバイス ~仕事に求めるもの

20代、30代が思う仕事に対する意識について、昔20代だった50代から見たアドバイスをまとめてみました。 男性は将来性や安定性を重視し、女性は今の待遇を重視する中で今の会社の中でスキルアップを図ることはそのまま転職の際のプラスポイントになるのです。

性別・年齢不問 ~今の自分を棚卸しましょう!

 性別、年齢に関係なく仕事の中で転職や起業・独立を考えたことはありませんか? 今すぐにという訳ではなくとも、今の自分がなぜそういう考えを持つに至ったかは今の自分を自身で棚卸することで、自分でも納得のいく結果にたどり着けることがあります。 ここの項目をセルフチェックして、どういう結果が出てきましたか?

50代になったら始まる収入減に備えてますか?

最近は60歳の定年退職の前に50代半ばで役職定年制の導入によって人件費抑制や若手の活性化を図る会社が増加傾向にあります。 50代になれば短期間で2回にわたって大幅な収入減に直面することが避けられませんが、その為の支出の見直しを含むマネープランを検討している方は多くはありません。 住宅ローンの返済など出費は変わらずに収入だけが大幅減となる現実と早い段階から向き合うことで、備えを完成させることが出来るのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
50代の再就職と独立起業に関する気づきと50歳からの第二の人生を送るヒントを発信するブログ「先憂後楽」
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

お知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP